自動車税の還付はいつされるのか?

「よそで買取査定0円」つけられても全然OK!

廃車寸前の動かない不動車を高価買取する業者は・・・
 必ず「ココ!」で見つかります。

自動車税の還付はいつされるのか?

 

車を廃車にするときに自動車税が還付されるみたいですが、その還付はいつになるのか気になりますよね。

 

車を廃車にするには色々と費用がかかります。そのお金を還付金で回収したいと思うのもわかります。

 

そうは言っても、いつ還付されるかわからないと、そのお金を当てにできませんからね。

 

今回は、車を廃車にした時、税金の還付はいつになるのか?についてお話します。

 

廃車にした時に戻ってくる税金には二種類

 

廃車にした時に戻ってくる税金には二種類あります。それが、自動車税と自動車重量税です。

 

自動車税と自動車重量税、それぞれ税金ですが種類が違うのです。

 

まずは自動車税から。

 

自動車税は地方税なので、その対応は各自治体でさまざまです。廃車手続きをした時の翌月末に通知書が発送されるので、大体2ヶ月から3ヶ月後になります。

 

通知書は、各都道府県の税事務所から送られてきます。還付金は廃車手続きした翌月から3月までの期間を月割で戻ってきます。

 

一方、自動車重量税国税なので、還付までには審査があります。そのため、自動車税よりも少し遅くなるようですが、大体、2ヶ月から3ヶ月のようです。

 

自動車重量税は廃車後に還付手続きした翌月から、車検の有効期限までを月割で計算され戻ってきます。

 

また、自動車重量税は車を廃車にするか、解体するかしないと還付されません。

 

自動車税は登録抹消と同時に還付手続きが開始されますが、自動車重量税に関しては、登録抹消後手続きが必要になります。

 

自動車税の還付には、自治体によっては、申請や申告が必要な場合もあります。そして、地方税等の未納がある場合は、未納分が天引きされて返還されます。

 

もし、自動車を廃車にすることが決定しているのでしたら、一刻も早く廃車手続きをすることをおすすめします。なぜなら、自動車税は廃車手続きをするのが早ければそれだけ戻ってくる金額も増えてくるからです。

 

当然、自動車重量税も手続きを早くしたほうが良いでしょう。自動車重量税は廃車手続きが終わらないと還付手続きができないので、そこも考慮する必要があるでしょう。

 

最後にまとめます。

 

自動車税も自動車重量税もだいたい2ヶ月から3ヶ月後に還付されてきます。

 

自動車税は登録抹消手続きと同時に
そして、自動車重量税は登録抹消手続き後に、別途手続きをします。

 

自動車税は各自治体で手続きが変わってくるので
事前に確認しておきましょう。

 

車を廃車にすると決めたら早く手続きをしたほうが
それだけ戻ってくる還付金も多くなります。

どんな車でも「確実に高く」買取してもらうための秘訣は・・・

 かんたん車査定ガイド のような

「不動車中古車の無料一括査定サービス」のご利用がおすすめです。

どんな状態の車でも確実に買い取ってくれるクルマ買取業者を探すならば、やはり「不動車中古車の無料一括査定サービス」が簡単でもっとも手っ取り早いでしょう。

ここでのコツは、1社だけに査定依頼をお願いするのではなく、必ず「複数の業者を競合させること」です。

こうすることで、それぞれの業者間で勝手に査定価格上乗せ競争がはじまるので、結果的にあなたの愛車の査定額は高額になってくるわけで。申込自体もかんたんで、数点入力するだけで終わるので4〜5分もあれば十分に査定依頼を完了できます。

↓に、私が実際に過去に利用してみて
価格〜対応サービスの両面で大満足をした買取業者の一括無料査定サービスをご紹介しておきますので早速ご登録されてみて、各業者さんへ無料見積もりをご依頼してみてくださいませ!

きっと〜あなたの予想をはるかに上回る高額査定にビックリされることでしょう^^
 かんたん車査定ガイド

・最大10社にボタン一つで一括で見積もり!
・東証一部上場企業が運営する安心サービス!

 かんたん車査定ガイドをみてみる。

 

 ズバット車買取比較

・最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる!
・過去累計100万人以上の利用実績!

 ズバット車買取比較をみてみる。

不動車・中古車の無料一括査定サービスには、複数登録しておき業者間を競合させることが「高額査定GET」のコツです。↑この2つに同時に登録して査定依頼をすれば万全です!