廃車手続きに関する情報一覧

「よそで買取査定0円」つけられても全然OK!

廃車寸前の動かない不動車を高価買取する業者は・・・
 必ず「ココ!」で見つかります。

車を廃車にするまでの手順とかかる費用について

車を廃車にするために必要な費用とその流れをお伝えします。ここでは、自分で廃車手続きした時のことをお話します。

 

廃車にかかる費用について

 

廃車にする手続きは二種類あります。永久抹消登録と、一時抹消登録です。一時抹消登録は一時的に車に乗らない場合に、永久抹消登録は車を解体し、二度と乗らない時に行います。

 

では、永久抹消登録にかかる費用から。

 

引き取り代:0円〜3万円
スクラップ代:0円〜3万円
自動車リサイクル料金:7千円〜2万円
廃車手続き代:0円

 

引き取り代は車を処分場に運んでもらう時に必要になります。そのため、車が動くなら、お金はかかりません。スクラップ代は、業者に買取交渉をすることで無料にしてもらえることもあります。自動車リサイクル料金は、購入時に支払っている場合は無料になります。リサイクル料に関しては、車の車種によって変わってきます。廃車手続きを行政書士などに依頼すると2千円から1万円かかります。解体処理を業者に依頼すると、最低でも1万円はかかるそうです。

 

一時登録抹消にかかる費用は

 

引き取り代:0円〜3万円
廃車手続き代:350円

 

引き取り代は、業者がナンバープレートを外す時の費用です。自分でナンバープレートを外すのは違法行為になるのでご注意を。

 

廃車手続きの流れについて

 

次に、廃車手続きに関して簡単に流れをお伝えします。

 

まず、必要な書類を用意します。運輸支局または、軽自動車検査協会に行き

 

・抹消登録申請書(OCR第3号様式)
・手数料納付書

 

を入手します。

 

その後、ナンバープレートを外し、返却し、窓口で書類一式を提出し、抹消登録証明書を受け取ります。これで廃車手続きは完了ですが同じ流れで自動車税と自賠責保険の返還手続きに入ります。運輸支局の同じ敷地内にある、自動車税事務所で自動車税の抹消申告を行います。

 

そして、加入している保険会社に連絡して、自賠責保険の解約手続きを行います。これらの手続きをするのに、抹消登録証明書が必要になります。自賠責保険料の返還は、解約日からの計算になります。そのため、解約手続きはお早めに。

 

こうしてみると、本当に廃車手続きは面倒ですよね。では、その車、売ってみてはどうでしょう。

 

廃車寸前の車なんて売れるのか?こればかりは査定してもらわないとわからないですが、最悪でも自分で廃車にするよりいいかもしれませんよ。

 

中には、不動車専門の買取業者もいるので買い取ってもらえると思います。車を買い取ってもらえれば面倒な手続きは全部業者でやってくれ廃車にかかる費用も必要ありません。

 

これだけでも買い取ってもらう価値はあるかと。廃車寸前のぼろぼろ車でも数十万円で売れたという話もありますので。

どんな車でも「確実に高く」買取してもらうための秘訣は・・・

 かんたん車査定ガイド のような

「不動車中古車の無料一括査定サービス」のご利用がおすすめです。

どんな状態の車でも確実に買い取ってくれるクルマ買取業者を探すならば、やはり「不動車中古車の無料一括査定サービス」が簡単でもっとも手っ取り早いでしょう。

ここでのコツは、1社だけに査定依頼をお願いするのではなく、必ず「複数の業者を競合させること」です。

こうすることで、それぞれの業者間で勝手に査定価格上乗せ競争がはじまるので、結果的にあなたの愛車の査定額は高額になってくるわけで。申込自体もかんたんで、数点入力するだけで終わるので4〜5分もあれば十分に査定依頼を完了できます。

↓に、私が実際に過去に利用してみて
価格〜対応サービスの両面で大満足をした買取業者の一括無料査定サービスをご紹介しておきますので早速ご登録されてみて、各業者さんへ無料見積もりをご依頼してみてくださいませ!

きっと〜あなたの予想をはるかに上回る高額査定にビックリされることでしょう^^
 かんたん車査定ガイド

・最大10社にボタン一つで一括で見積もり!
・東証一部上場企業が運営する安心サービス!

 かんたん車査定ガイドをみてみる。

 

 ズバット車買取比較

・最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる!
・過去累計100万人以上の利用実績!

 ズバット車買取比較をみてみる。

不動車・中古車の無料一括査定サービスには、複数登録しておき業者間を競合させることが「高額査定GET」のコツです。↑この2つに同時に登録して査定依頼をすれば万全です!