不動車の買取査定・売却時に必要となる書類〜不動車 査定 売却 必要書類

「よそで買取査定0円」つけられても全然OK!

廃車寸前の動かない不動車を高価買取する業者は・・・
 必ず「ココ!」で見つかります。

不動車の買取査定・売却時に必要となる書類について

車を売るとき、
以下の書類がないと買い取ってもらえません。

・車検証
・自賠責保険証

 

これらの書類は通常、
車のダッシュボードに
置いてある場合が多いです。

 

ですが、
なくしてしまった場合でも、
再発行をしてもらえば大丈夫です。

 

「査定時」に揃えておかなければいけない書類

 

まずは、査定してもらう時に必要な書類から。

・車検証

 

正式には、自動車検査証と言います。
自動車が行動を走るのに適しているかを確認するための検査を
一定期間ごとに行い、その結果合格した車に
車検証が発行されます。

 

車検証に書かれてる所有者と使用者の名前が違っている場合
使用者と所有者の両方の書類が必要になります。

 

もし、車検証をなくした場合は再発行することができます。

 

再発行するには自分で手続する場合と
業者等に代行して貰う場合がありますが
どちらの場合も必要な書類をあげます。

 

・使用者の委任状
これは、使用者の認印が押してあるものです。

 

・車検証
もし、車検証の一部が残っている場合は
車検証も必要です。
ない場合は必要ありません。

 

・理由書
これも、使用者の認印が押してあるものです。

 

更に、自分で手続する場合
・申請者の身分証明書
・手数料納付書
・申請書

 

が必要になります。

 

使用者自身が申請をする場合は、使用者の委任状は不要ですが
認印は必要になります。

 

理由書は、盗難や紛失等で
車検証を返すことができなくなった時に必要になります。

 

使用者本人が申請する場合は
申請書に理由書と同じものを記入するため
理由書は不要になります。

 

・自賠責保険証

 

正式には、自動車損害賠償責任保険証と言います。
自賠責保険は、強制保険とも言われ
車を運転する場合、加入が義務付けられています。

 

この保険は、対人のみで、最低限の補償になります。
そのため、別の損害保険に加入する場合が多いです。

 

自賠責保険証の再発行は、保険会社によって手続きが違うので
問い合わせましょう。

 

必要な書類は

 

・自動車損害賠償責任保険証明書 再交付申請書
これは保険会社が用意してくれます。

 

・身分証明書類
運転免許証や健康保険証です。

 

・印鑑

 

これらを用意しましょう。
手続きする前に、保険会社に問い合わせた方がいいと思います。

 

「車の売却(引き渡し)時」に揃えておかなければいけない書類

 

車を売るときには、
以上にあげた書類の他に以下の書類も必要になります。

 

・自動車納税証明書

自動車税を納付したことの証明書です。
この控えが必要になります。

 

・実印

役所に登録した実印です。

 

・印鑑証明

正式には、印鑑登録証明書と言って
実印を役所に登録した時にもらえる証明書です。

 

・運転免許証

 

これらの書類が、車を売るときに必要になります。

どんな車でも「確実に高く」買取してもらうための秘訣は・・・

 かんたん車査定ガイド のような

「不動車中古車の無料一括査定サービス」のご利用がおすすめです。

どんな状態の車でも確実に買い取ってくれるクルマ買取業者を探すならば、やはり「不動車中古車の無料一括査定サービス」が簡単でもっとも手っ取り早いでしょう。

ここでのコツは、1社だけに査定依頼をお願いするのではなく、必ず「複数の業者を競合させること」です。

こうすることで、それぞれの業者間で勝手に査定価格上乗せ競争がはじまるので、結果的にあなたの愛車の査定額は高額になってくるわけで。申込自体もかんたんで、数点入力するだけで終わるので4〜5分もあれば十分に査定依頼を完了できます。

↓に、私が実際に過去に利用してみて
価格〜対応サービスの両面で大満足をした買取業者の一括無料査定サービスをご紹介しておきますので早速ご登録されてみて、各業者さんへ無料見積もりをご依頼してみてくださいませ!

きっと〜あなたの予想をはるかに上回る高額査定にビックリされることでしょう^^
 かんたん車査定ガイド

・最大10社にボタン一つで一括で見積もり!
・東証一部上場企業が運営する安心サービス!

 かんたん車査定ガイドをみてみる。

 

 ズバット車買取比較

・最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる!
・過去累計100万人以上の利用実績!

 ズバット車買取比較をみてみる。

不動車・中古車の無料一括査定サービスには、複数登録しておき業者間を競合させることが「高額査定GET」のコツです。↑この2つに同時に登録して査定依頼をすれば万全です!